6つのスキープランで利用者が大幅増の白銀台スキー場が十勝毎日新聞で紹介されました!

今シーズン、6つのお得なスキープランを実施して利用者が大幅に増加している白銀台スキーが、2月10日(土)の十勝毎日新聞で紹介されました。

特に大好評のスタンプラリーは前年比63%増となっています。このプランは、忠類地域6店の飲食店で1人600円以上の飲食をするとスタンプが1つもらえ、スタンプ1つにつき3時間または5時間のリフト券が半額で購入でき、購入時にナウマン温泉の半額券がもらえるというものです。さらに「道の駅忠類」で500円以上の買い物をして使用済半額リフト券を提出すると、道の駅で焼いた200円以内のパンのプレゼントがあります。

また全店舗を制覇しスタンプを6つ集めると、ナウマン温泉ペア宿泊券(3組)などが当たる抽選に参加できます。今回は当たらなかった方にも参加賞としてナウマン温泉ペア入浴券を用意しています。

このほか60歳以上は平日(夜間を除く)のリフト使用が無料となる「平日・シニア無料プラン」は、昨シーズンに引き続き大好評実施中です。

「忠類ナウマン全道そり大会」が行われる2月18日(日)は、午前9時から午後9時までリフトを終日無料開放いたします。

今シーズンの南十勝は雪が多くゲレンデ状況がいいので、お得なスキープランを利用して1人でも多くの方にスキーやスノーボードを楽しんでいただければと考えております。